江戸五色不動   http://what.toriichi3.com/zatugaku.html


Toriichi3のひぽぽたますが逆立ち調べてみるとこんな意味その1

「今でしょ」の林先生が番組で、言っていた江戸五色不動を調べてみたら
「五色不動」伝説

江戸五色不動平直方述の「夏山雑談」に、
天海僧正が家光の命により
左青竜、右白虎、前朱雀、後玄武の四不動を持って江戸の守護とし、
家光がこれに目黄不動を加えて、
五色不動の目として東西南北中央の五方眼で
江戸を守るために五色不動を設定したという説があるが・・・

実際に地図の上で五色不動の位置を調べてみると、
江戸城を中心にしているのは確かだが、
実際には色と方角が一致せず、目黄不動が3ヶ所もあるなど、
この説には疑問も多いらしいです。

目青・目黄・目赤・目白・目黒の五色は、
五方角(東・西・南・北・中央)を色で示し、
その位置は江戸城(青-数学院)を中心として、
水戸街道(黄-最勝寺)、日光街道(黄-永久寺)、
中山道(赤-南谷寺)、甲州街道(白-金乗院)、
東海道(黒-滝泉寺)といった
江戸府内を中心とした五街道沿いにあることから、
徳川の時代に江戸城を守るために置かれたと云われています。
この五色不動の位置を線で結んだ内側を、
江戸の内府と呼んでいた説もあるらしいですが・・・


東京の五色不動は、

目黒不動、目白不動、目赤不動、目青不動、目黄不動の
5種6個所の不動尊の総称。
五眼不動、あるいは単に五不動とも呼ばれる。

五色不動は江戸五色不動とも呼ばれており、
江戸幕府3代将軍、徳川家光が大僧正、天海の建言により江戸府内から
5箇所の不動尊を選び、
天下太平を祈願したことに由来するなどの伝説が存在する。
史跡案内など多くの文献では
このような説話に倣った由来が記述されているが、
資料によっては伝説の内容にばらつきも見られる。

一方で五色不動を歴史的に研究したいくつかの報告によると、
実際に「五色不動」という名称が登場するのは
明治末または大正始めであり、
江戸時代の史実とは考えにくいとしているが、
伝説自体は江戸時代から伝わる噂話に原型が見られるらしい



現在の五色不動(地図)

寺院名 宗派 住所
目黒不動 滝泉寺 天台 目黒区下目黒3-20-26
目白不動 金乗寺 真言 豊島区高田2-12-39
目青不動 教学院 天台 世田谷区太子堂4-15-1
目赤不動 南谷寺 天台 文京区本駒込1-20-20
目黄不動 永久寺 天台 台東区三ノ輪2-14-5
目黄不動 最勝寺 天台 江戸川区平井1-25-31


五行説とは、

紀元前四世紀ころ中国でとなえられた思想で゙、
万物を構成する要素として五つの元素を想定した。
すなわち、木と火、土と金属と水である。


色 方位 元素 神獣

黒 北 水 玄武(げんぶ・(かめ))
白 西 金 白虎(びゃっこ)
青 東 木 青龍(せいりゅう)
赤 南 火 朱雀(すざく・(おおとり))
黄 中央 土 (天位)


五色とは、

青・黄・赤・白・黒で梵語で言う
地・水・火・風・空をあらわし、        
日本の首都・東京(江戸)は、
徳川家康が1603年に幕府を設立してからおよそ
400年もの間、ずっと日本の中心に位置してきました。
これは、徳川家康の片腕だった天台宗の天海僧正が、
風水の原理を利用した吉祥の地に築き、
江戸が霊的に守られるように設計したからという説もありますが、

400年の間、「火事と喧嘩は江戸の花」という言葉ができるくらい
江戸は何度も火災にあっています。
1657年の「明暦の大火」により江戸城天守を含めた城構の多くを焼失
また、1923年9月1日に関東大震災で壊滅的な打撃を受け、
1945年に東京大空襲で一面の焼け野原になっています。
東京は火事も地震も敵からの攻撃も防げておらず、
風水とは・・・なんでしょうか?


他にもいろんな説が・・・


四神相応

風水においては、
土地が栄えるためには四神相応の地であることが求められます。
これは、東の守り神『青龍』、南の守り神『朱雀』、
西の守り神『白虎』、北の守り神『玄武』が、
それぞれ「川」「池や海」、「道」「山」の象徴という考え方があり、
東に「川」、南に「池や海」、
西に「道」、北に「山」がある事が重要とされています。

東京(江戸)の周辺を見てみると、
北の方角に「麹町台地」があり、
「麹町台地」からは「富士山」が見える。
東の方角には「平川」や「隅田川」、
南には「東京湾」、西には「東海道」がありますが・・・

北の守りの「山」であるはずの「麹町台地」は
「山」と呼ぶには無理があります。
また、江戸が作られた当初、
「麹町台地」は平らな土地にするため削られてしまっています。
北の守りのはずの玄武を削ってしまっては意味がありません。
また、「麹町台地から富士山が見える」と主張している人もいますが、
「富士山」は、江戸の南西に位置しており、
江戸は風水でいうところの
「四神相応」の地にはなっていないのでは?


鬼門封じ

天海僧正は、江戸の霊的な守りをより確固たる物とするために
江戸城本丸から鬼門に当たる東北の方角にある上野に
「寛永寺」を建立して鬼門を封じ、
さらにその反対側の南西方向には日枝神社を建て、
裏鬼門を封じたとあるが・・・

「鬼門封じ」という発想はもともと中国の風水にはなく、
陰陽道に基づく日本独自の風習です。
寛永寺が「鬼門封じ」のために建てられたとされていますが、
「鬼門」というのは東北の方角のことです。
ですが、江戸城本丸と寛永寺は距離にして
たった4kmしか離れていないにもかかわらず、
寛永寺の位置は江戸城本丸の東北の方角から、
西に2.1kmもずれているので微妙・・・


五色不動

密教では、世界を形作る五大元素とされ、
地・水・火・風・空に対応している。
この五つに対応させて江戸を取り巻くように
「目黄不動」「目青不動」「目赤不動」「目白不動」「目黒不動」
という寺を配置しました。
天海はこれらの力によって江戸が守られるようにしたとありますが・・・

密教の五大に基づいて天海が配置したという
「五色不動」のうち、「目黄不動」と「目青不動」が設置されたのは
明治以降の事であり、
江戸時代には
三不動(目黒不動、目白不動、目赤不動)しかありませんでした。
これは江戸三不動が有名だったため、
それにあやかってあとで付け足されたものなのです。
そのためか、「目黄不動」にいたっては
そう呼ばれている寺は複数存在しています
(永久寺、最勝寺、龍巖寺など)。
たしかに「五色不動」を結ぶと江戸城を囲めますが、
江戸三不動では江戸城は囲めません。
どの寺も天海僧正とは縁もゆかりもない寺院ばかりらしいですね。

また名称を別とすれば個々の寺院や不動像自体は
江戸時代(以前)からの歴史を持つとされる。
特に目黒不動・目白不動・目赤不動については
江戸時代の資料からもその名称が確認でき、
江戸の名所として「三不動」の名で知られる。
このうち、目黒と目白は山手線の駅名ともなり、
特に目黒は区名となっているため有名である。

なお五色不動は基本的に天台宗や真言宗の系統の寺院にあり、
密教という点で共通しているが、
不動明王に限らず明王は元来密教の仏像である。


<不動明王>

その形にはいろいろあるが、ふつう右手に剣を持ち、
左手に羂索(けんさく)という縄を持ち、
頭上に蓮華を載せ、弁髪と呼ぶ髪を左肩にたらし、
左目を半眼、右目は見開き、下歯で右の上唇をかみ、
口の両端に牙を出して、忿怒の顔をもって火炎を背に上半身裸で立っている。
この姿で全ての障害や悩みを打ち砕き、人々を救いとるということで、
密教系の寺院で、家内安全、交通安全、商売繁盛の神として祭られている。

いろんな説を勉強させてもらいました、いろんな解釈がありますね、
五色不動伝説とは後付けで作られたものらしいですが・・・風水とは・・・
後付けでも何でも、あてはまるならそれでいいと思います。
確かな事は江戸城は皇居と改称された。


5色となっているのは五行思想の五色(ごしき)からと言われる。
3代将軍徳川家光が大僧正天海の具申をうけ
江戸の鎮護と天下泰平を祈願して、
江戸市中の周囲5つの方角の不動尊を選んで割り当てたとされる。
最初に四神相応の四不動が先行し、
家光の時代ないしは後年に目黄が追加されたとして語られる場合もある。
五色とは密教の陰陽五行説由来し重んじられた青・白・赤・黒・黄で
それぞれ五色は東・西・南・北・中央を表している。
現在の住所は、明治以降、廃寺、統合などで不動尊が移動しているので
本来の結界の役を失ったといってよい。
ただし近年では風水と絡めて語られることも増え、
五方を五街道と解釈する場合もあるなど、様々な説がある。

江戸時代以前に目黒・目白が存在している。
目黒は将軍家光の鷹狩りに関連して尊崇されていた。
目白は、将軍家光が目黒にちなんで命名したとも、
目白押しから名付けられたともいう。

また、江戸時代初期の動坂(後述)には、
伊賀の赤目に由来する赤目不動があったが、
家光の命により目赤と名乗るようになり現在地へ移ったと称する。

以上3つの不動については、江戸時代の地誌にも登場するが、
天海と結びつける記述はまったく見られない。

教学院はもともと青山にあり、「青山の閻魔様」として親しまれていた。
ここには近くにあった廃寺から不動像がもたらされている。
明治40年代にこの寺院は世田谷区太子堂に移転し、
その頃から「目青不動」を名乗るようになった。

目黄不動は2箇所が同定されているが、
いずれも浅草勝蔵院にあった「明暦不動」に近く、
その記憶から目黄不動とされたのではないかと推測される。

いずれにせよ、江戸時代には目がつく不動が3つしかなく、
それをセットとして語る例はなかった。
明治以降、目黄、目青が登場し、
後付けで五色不動伝説が作られたものと考えられる。

なお、五色不動を結んだ線の内側が「朱引内」あるいは「
江戸の内府」と呼ばれたという説は事実ではない。
幕末の朱引図は五色不動と関係なく作られたものである。

江戸城(えどじょう)は、武蔵国豊嶋郡江戸にあった城である。
江戸時代においては江城(こうじょう)
という呼び名が一般的だったと言われ、
また千代田城(ちよだじょう)とも呼ばれる。

1868年(慶応4年)4月4日、江戸城は明治新政府軍に明け渡され、
         10月13日に東京城(とうけいじょう)に改名された。

1869年(明治2年) 東京奠都。皇城と称される。

1873年(明治6年) 皇城として使用していた西ノ丸御殿が焼失。

1888年(明治21年) 明治宮殿の完成によって宮城(きゅうじょう)と称される。

1923年(大正12年)9月1日 関東大震災で大きな被害を受け、
          和田倉門(櫓門)は復旧されなかった。

1945年(昭和20年) 空襲で大手門が焼失。

1948年(昭和23年) 皇居と改称された。


Toriichi3のひぽぽたますが逆立ち調べてみるとこんな意味その1


   Toriichi3動画再生リスト
石油ファンヒーターを掃除する!
ロープの縛り方(よろい・トラッカーズヒッチ)
秩父札所自転車ツーリング・2
ムカデが足の指の間に・・・あなたならどうする?
札所31番巡礼と初体験!サイクルトレイン
ネコはやっぱり魚が好きだった
電撃殺虫ラケットの電撃をあびる・・・(絶叫シーン)
リリースした50㎝バスをさらに襲うバス達
32番札所 天空の大日如来
ネコとねずみの喧嘩を仲裁した! 腹いせに咬まれて出血!!
ザリガニの釣り方! バケツ3杯も釣れちゃった
ルアー VS みみず 40㎝オーバー源流イワナを釣上げた
超希少映像! 三条滝下を釣る、その川原から滝を見た映像!!


秩父なんちゃってライフ・・・オヤジギャグ的生活

冗談みたいな毎日? チャレンジしても約失敗! あまり笑えないとりいちの秩父ライフ日記


「お名前.com プレミアムドメイン」ビジネスの成功は価値あるドメインから

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

キャンプレンタルならそらのした

エッ?こんなに薄くて軽いのに!?
10秒で衝撃の暖かさ!
充電式電熱ヒーター付きベスト「ぬくさに首ったけ」

Facebookで運命の出会いが起こる方法

歯周病予防に最適!お風呂で簡単♪歯間ジェットクリーナー

携帯電話・スマホ買取り

世界初の動体視力トレーニングメガネ『プライマリー』

コンタクトレンズ 全国最安値に挑戦中!【アットレンズ】