企業が学生の「本性」を見破るポイント  http://what.toriichi3.com/zatugaku2.html


Toriichi3のひぽぽたますが逆立ち調べてみるとこんな意味その2

企業が学生の「本性」を見破るポイントは・・・
 就活対策といえば、なんといっても「エントリーシート」と「面接」ですが、
 もちろん付け焼き刃の準備では通用しません。

 なぜなら企業側は、面接やエントリーシートからはわからない、
 学生の「本性」を見抜く方法を心得ているのです。

 学生をふるいにかける企業側が見ているのは
 「エントリーシート」と「面接」だけでなく、
 油断して気を抜きがちなこんな部分だったりするそうです。


筆記試験の消しゴムの使い方で性格がわかる

 選考の過程で、学生に筆記試験を課す会社は少なくありません。

 ただ、この試験は点数さえ取れればいいというものではなく、
 試験中の立ち居振る舞いも見られているということを忘れてはいけません。

 たとえば、ある会社では筆記試験で使う「消しゴムのかす」を見るそう。

 試験問題を解くのに夢中になってしまって、
 消しゴムのかすをそのままにして立ち去ってしまう応募者は
 「自己中心的で気配りができない可能性あり」

 手で払ってこっそり床に落としてしまう人は
 「相手にわからなければそれでいいという考え方で、
 仕事で問題を起こす可能性あり」

 問題の出来も結果を左右するのでしょうが、
 確かにこういう細かなところに人の本質は出やすいものです。


控え室で雑誌を手渡した時の反応をみる

 面接では控え室での態度も見られている
 というのは昔から言われていることですが、
 ただ大人しく座っていればいいというものではありません。

 面接相手は仕事を持つ身ですから、
 やむを得ず面接に来た学生を待たせてしまうこともあります。

 その時間が長引いてしまった時に、
 学生がどんな反応をするかも見られていることがあります。

 露骨に苛立った顔をしたり、他の学生に話しかけたりするのはマイナス。
 心の余裕がない人だと判断されることがあるようです。

 待たせていることを詫びたうえで「これでも読んでお待ちください」と
 ビジネス雑誌を手渡すケースもあるそう。

 イライラしていたり、心に余裕がない学生は、手元に置いたまま読もうとせず、
 気持ちにゆとりがある人は、礼を述べて読みはじめると言います。



人事担当者が嫌うエントリーシート・面接とは?

 就活生の皆さんはエントリーシートや履歴書を持って会社説明会に出席し、
 グループディスカッションや面接に進んで内定を取るまでの長い道のりを、
 これから歩んでいくことになります。

 その中で絶対に知っておきたいのが、
 採用する張本人である人事担当者のホンネです。

 どんな人材が欲しいのか? 
 そして、どんな風に言えば好感度が上がるのでしょうか?

 彼らがほしい人材とエントリーシート、
 面接にまつわる本音について明かした一冊です。

 ここでは、著者が取材してわかった就活マニュアル本には書いていない、
 人事担当者が「残念だなあ」と思う
 エントリーシート・面接のフレーズをご紹介します。


人事が「嫌う」エントリーシート編

 まずは、「あ、この人はちょっとな…」と思われてしまいがちな
 エントリーシートの残念フレーズです。

 ×「御社の将来性のある事業に惹かれました」
 ×「学生時代はアルバイトとサークル活動に力を入れ、
   リーダーシップを発揮しました」
 ×「学生団体のリーダーをしていました」
 ×「TOEIC800点です」
 ×「尊敬する人は両親です」


 どれも一番上の「御社の将来性の~」は
 志望動機欄で書いてしまいがちですが、
 採用側からすれば「会社が伸びていこうとしているところにただ乗っかるだけ」
 という印象になるのだそうです。

 志望動機は何でも「自分」に結び付けることが大事。
 「○○という新規事業に関心があります」などのように言い換えましょう。

 2番目と3番目の「リーダーシップ」系ですが、
 採用担当者が特にがっかりするのが「トラブル仲裁話」だそう。
 本の中では、大手保険会社の人事担当者のコメントとして、
 こう紹介されています。

 「……スポーツ系のサークル活動でチームワークの大切さを
 学んだとかありきたりな話をする人は多い。

 もちろん、学生に入社後、 即戦力として立ち上がることを求めてはいませんが、
 どんな経験をしても『チームワークの大切さ』でまとめようとする。

 もっと感度の高い視点は持てなかったのかなと感じてしまいます。
 (本文一部抜粋)

 一方、グローバル人材を求める企業が多いと考える就活は
 「TOIEC800点」と得意気に書きますが、こちらも残念。

 「尊敬する人は両親です」と書く人には、企業は警戒心すら持つそうです。



「残念」な面接編

 続いて、面接での残念フレーズをご紹介します。

 ×「私は昔からデパートが大好きで、だからデパートで働きたいんです」
 ×「希望はクリエイティブ職です。そこは譲れません」
 ×「将来は、起業したいです」
 ×「僕の面接、何点でした?」
 ×「ワークライフバランスを重視した働きやすい会社だと聞いて応募しました」


 まず、最初の「私は昔から~」。これは「会社のファン」だということの
 アピールですが、採用側の中には「ウンザリ」している人もいるとか。

 大手百貨店の関係者は、欲しい人材はファンではなく、
 これまでの百貨店の常識を覆せるような人材だと言います。

 もちろん「好き」なことは大事ですが、
 「好きだ」と言っても、自分がその会社に入れる価値がある人間なのかを
 示すことはできないのです。

 続いて、「将来は起業したい」という意欲あふれる発言。
 これも残念と思われてしまいがちなのです。
 「学生起業家を目指していました」「将来の夢は起業することです」と
 堂々と言う意識の高い学生は、
 見どころがあれば最終面接まで残すし、本採用することもあるそうです。

 しかし、いざ入社すると、上司から「面倒くさいやつ」と思われてしまう人が多く、
 関係がうまくいかずにすぐ辞めてしまうことになるのだとか。

 こうした学生は、外資系企業やベンチャー企業に向いているといえます。

 他のフレーズがなぜいけないのかについては、ぜひ本書を読んでみて下さい。


 普通、就活を始める前には、就活のマニュアル本を読むものですが、
 実は、人事担当者はそうしたマニュアルがあまり好きではありません。

 好まれるのは、自分だけが語ることができる「成長物語」と
 「挫折を乗り越えた話」の2つです。

 これらはあなただけの物語です。

 本書を開いてみると、耳の痛いことも書いてあるはず。
 “就活マニュアルの幻想”から抜け出し、自分が進むべき道を
 しっかり見据えてみてはいかがでしょうか。

 
 ここ数年、大学生の就職内定率は低調で、
 今後も急激な回復は期待できないという見方が強いなか、
 学生は内定を取るために就活マニュアル本を読んだり、
 セミナーを受けたりしはじめる時期です。

 しかし、個々人によって適した就活スタイルがあるはずですし、
 どうやら性別によっても成功する就活とそうでない就活があるようです。


 「本当はどうなのか?」と考えるクセがある
 就活では、真偽問わず様々なうわさが飛び交います。

 また、企業側にしても学生側に示す“建前”とは別の“本音”があるはず。

 そういった雑多な情報に踊らされずに「本当はどうなのか?」と
 常に考え続ける人は就活がうまくいきやすいといえます。


男友達が多い

 これは「モテる」という意味ではなく、単に異性の友達が多いという意味です。

 女子同士では得られない情報を得ることができますし、
 彼らと交流を持つことによって考え方の幅も広がるはずです。

 自分に期待されていることに気づいている
 自分のやりたいことだけではなく、自分に向いていること、
 期待されている役割に気づいている女子学生は就活がうまくいきます。
 最初の分かれ道である「総合職か一般職か」の判断も、
 このポイントが重要になります。


「現実的な目標」を持っている

 「夢」を持つことは大事ですが、就活はそれだけでは通用しません。

 自分が将来何を達成したくて、
 そのために新卒の就活をどう位置づけるかを
 わかっている人は強いと常見さんはいいます。

「女子らしさ」と「女子を捨てること」を両立させている

 男女平等とはいえ、職場で期待されることは
 性別によって異なる点は否定できません。

 しなやかさ、やさしさ、かわいさなど、
 女子に期待されていることを意識しつつも、
 時には“女を捨てて”がむしゃらにやれる。
 
 仕事の現場ではその両立が必要になることを理解することは、
 女子の就活の大きなポイントなのです。



就活生が知るべき“採用情報”のブラックな内実

 おそらく多くの学生は「リクナビ」や「マイナビ」、
 もしくは企業の公式ページにある採用ページでエントリーを
 進めていくことになるが、ちょっと待って欲しい。

 採用サイトに並ぶポジティブなコピーの数々、働く社員の笑顔、
 そしてセンスの良いデザイン。

 それらは学生が会社のことを知る重要なものであるとともに、
 そこで会社の本当の姿が隠されてしまうこともある。


 入る前はとても風通しの良い会社だと聞いていたのに、実は全く良くなかった。

 若くても実力次第で昇進が可能という社風に魅力を感じたが、
 実は若手がすぐに辞めてしまい、上がいなかった。

 そんな風にしてミスマッチを起こし、
 結局3年以内に辞めていく学生は後を絶たない。

 恵比須氏はこうしたミスマッチの原因として、
 就職情報会社の存在をあげる。

 就職情報会社が運営している就職情報サイトには、
 過度に美化された会社の文句が並ぶ。

 そうした言葉や写真に振り回され、自分には向いていない会社に入ってしまう。

 ある程度、社会に出て仕事をしていればなんとなく推察がつくだろうことでも、
 学生にとってそれは難しい。そして入ってから違うことに気付くのである。


「お金をかければ学生は集まる」ブラック企業のやり方

 特にタチが悪いのが、いわゆる「ブラック企業」だ。

 ある程度、ブラック企業として名前が知れ渡っている企業は、
 悪い評判を駆逐しようと、お金をかけて採用サイトを
 センスのあるデザインで構築し、学生を呼び寄せようとする。

 企業ごとの採用ウェブサイトや入社案内などの
 「採用広告」を作っている就職情報会社も、
 多額のお金を出してくれるクライアントの意向に沿うように努力する。

 なぜかフラッシュを画面いっぱいに使い、効果音が流れ出す採用サイトがあるが、
 よく考えれば、そもそもそこまでする必要はあるのかと思ってしまう仕掛けが満載だ。

 大金を投じて豪華な「採用広告」をつくり、
 ナビサイトからのぞきにきた学生にインパクトを与えて会社説明会におびき寄せ、
 この会社ってすごい!と錯覚させて、入社させる。

 本書に掲載されている、とあるブラック企業の人事担当者の
 「お金さえかければ学生は集まるんです」というコメントはまさに象徴的だ。


ソー活」って実際どうなの?  

 もう一つ、本書から紹介しておきたいのが「ソー活」だ。

 ツイッターやフェイスブックを活用した就職活動のことで、
 最近では企業が採用ページを
 フェイスブックの中に構築したりするケースも多くなった。

 就活生が企業ページ内の発言を知るためには、
 そのページの「いいね!」をクリックする必要がある。

 一方、企業は誰が「いいね!」を押したか分かるので、
 そこから遡って、学生の情報を知ることができる

 もし、学生側が自分のタイムラインを誰でも見られるような設定にしていたとしたら、
 行動が筒抜けになる可能性もある。

 恵比須氏は「ソー活」をはじめる前に自分のページを確認し、
 問題がありそうなら削除するなり
 公開再設定をするなりしたほうがいいとアドバイスする。

 就職情報会社の営みのすべてが悪であるというわけではないとも述べている。

 ノルマに追われた就職情報会社の営業やディレクターたちが
 目先の契約金に捉われてしまう、そんな業界の構造もある。

 人生を左右するイベントである新卒入社のための重要な情報が、
 コントロールされているという事実は知っておくべきだろう。

 自分のしたいことをしっかりと考えること、
 行きたいと思った会社の徹底した調査など、
 就職活動において本来すべきことの重要さが分かるノンフィクションだ。



ここまではすべて、転載記事です。


ノンフィクション「non-fiction」 とは、史実や記録に基づいた
文章や映像などの創作作品をいいますが、本当の話・現実に起きた出来事
なんかも、こう言いますよね。

就活は、現実に起きている出来事で、しかも進行形ですから、えれぇ~大変・・・

いろんな情報もあるとは思いますが、「古き良き人間性が大事」とばかり
言ってられんですね、企業に好まれるのは、自分だけが語ることができる
「成長物語」と「挫折を乗り越えた話」の2つらしいですからねぇ~

コレやった事ないから・こんなんわかんねぇ~し・だりぃ~やってらんねぇ~
なんて言ってないで、若いうちから、いろんな事にチャレンジするんはいいことですね。

おいらの人生は、まるでフィクションのような物語ですけどね・・・(ウソ)

ちなみに、フィクション( fiction)とは、作り話の事で、
現実に起きるわけのない出来事ですからねぇ~・・・?  半分は本当? (笑)

我が子らに送りたい・・・以上
・関連記事
内定を取れない学生に共通する勘違い

エントリーシート(Entry Sheet)とは

内定するエントリーシート(ES)の書き方を参照する

企業が学生の「本性」を見破るポイント


Toriichi3のひぽぽたますが逆立ち調べてみるとこんな意味その2


   Toriichi3動画再生リスト
石油ファンヒーターを掃除する!
ロープの縛り方(よろい・トラッカーズヒッチ)
秩父札所自転車ツーリング・2
ムカデが足の指の間に・・・あなたならどうする?
札所31番巡礼と初体験!サイクルトレイン
ネコはやっぱり魚が好きだった
電撃殺虫ラケットの電撃をあびる・・・(絶叫シーン)
リリースした50㎝バスをさらに襲うバス達
32番札所 天空の大日如来
ネコとねずみの喧嘩を仲裁した! 腹いせに咬まれて出血!!
ザリガニの釣り方! バケツ3杯も釣れちゃった
ルアー VS みみず 40㎝オーバー源流イワナを釣上げた
超希少映像! 三条滝下を釣る、その川原から滝を見た映像!!


秩父なんちゃってライフ・・・オヤジギャグ的生活

冗談みたいな毎日? チャレンジしても約失敗! あまり笑えないとりいちの秩父ライフ日記


「お名前.com プレミアムドメイン」ビジネスの成功は価値あるドメインから

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場

キャンプレンタルならそらのした

エッ?こんなに薄くて軽いのに!?
10秒で衝撃の暖かさ!
充電式電熱ヒーター付きベスト「ぬくさに首ったけ」

Facebookで運命の出会いが起こる方法

歯周病予防に最適!お風呂で簡単♪歯間ジェットクリーナー

携帯電話・スマホ買取り

世界初の動体視力トレーニングメガネ『プライマリー』

コンタクトレンズ 全国最安値に挑戦中!【アットレンズ】